伸びるデニムでかわいいのが欲しい!

最近、「太い」ことを「大きい」と言う、ぽっちゃりさんには優しい社会になっているもよう。
とても喜ばしいことです。
私自身、太る→ダイエットする→太るを繰り返し、年々“大きく”育ち続けておりますので。
大きくなって困るのが、洋服。
伸びる素材のものを着りゃいいじゃないかとお思いでしょうが、大きい人が伸びる素材のものを着るということは、
身体のラインがはっきりしてしまうということでもあります。

デニムも、大きい人用で伸びる素材のものがありますが、ウエスト部分はある程度伸びてもらいたいのですが、
他の部分はそれほど伸びる必要はないかと思うのです。
自分の身体の大きさにあったデニムが、そこらへんのお店で気軽に手に入れることができないのが、とても困ってしまうのです。

今は、ネットで検索したら大きなサイズのデニムを扱っているお店もあるのですが、
私の希望は、新聞のチラシに掲載されているような地元にある価格が低価格で品質の良い名の通ったお店で、
自分にあうサイズのデニムを購入すること。
各種取り揃えてあるそのお店ですが、女性用のデニムはサイズが小さいものしかありません・・・。
行くたびに、自分の大きさを思い知らされ、かといって男性用を買う気にもならず、気持ちが沈んでしまいます。
大きな人の多くなった今、お店の方、大きなサイズのデニム、置いてくださ~い!

大きいサイズのデニム探し!

私は、いわゆる大きいサイズの女子で、身長も高いのですが体重もたっぷり。
普通の女の子が9号でMサイズのところ、19号で5Lサイズです。
そんな私は普通の衣類の購入もなかなかに骨が折れますが、デニムの購入にも苦心しています。
量販店のレディスコーナーにも、無くは無いのですが、選ぶ、というところまでは品数が無く、サイズの合うものがあれば文句を言わずに購入するしかない時期もありました。男性用のデニムを購入することも多かったのですが、最近は通信販売のショップで、充分なサイズ展開とデザインのバリエーションが楽しめるようになりました。

本当に助かっています。
大きいサイズ レディースのデニムなども、股下の長さも選ぶことが出来ますし、昔はストレートのデニムがあればひとまず安心、といった感じでしたが、最近はスリムや裾がくしゅっとしたもの、ストレッチ素材といった、細い体型の女の子が楽しめるものだったようなデザインのものも、大きなサイズの女の子も楽しめるように作られています。
普段着であり、おしゃれアイテムでもあるデニムに選択の幅があることの嬉しさは、普通サイズでどこでも好きなものが選べる方にはわからない喜びだろうな、と思います。本当に、最近はサイズのバリエーションが増えてくれて嬉しいです!
大きなサイズの子も、カジュアルにおしゃれ楽しみたいんですよ~!

ゆったり履ける大きいデニム

近年、ファッション業界は大きく飛躍し様々なファッションやブランドが日々うまれている。
その中でも昔から変わらず愛され続けているのはデニムだ。
デニム素材の服を持っていない人はいないのではないだろうか?
またビンテージ物のデニムはかなり高価な値段で取引されている。
一方では大手衣料品店では低価格化も進み、本当に様々だ。

女性ならスタイルを強調するために細身の小さめのサイズが好ましいだろう。
しかし、ファッションを優先するあまり無理をして小さすぎるサイズにするのは好ましくない。
動き易さを優先するなら、ゆったりと大きめのサイズをオススメする。
デニム素材は伸縮性がない、あまりにもピッタリサイズだと、歩きにくくなるので、できれば購入の際は少し大きめのサイズにするのが好ましいだろう。

私はデニムに関しては常に少し大きめのサイズをチョイスする、これは別に太った時を想定してではない(笑)
ベルトをしなければ確実に履けないオーバーサイズもあるほどだ。
もちろん、当時は履けたが今では履けないピッタリサイズで買ったデニムもある(笑)
近年のファッションではピッタリサイズ、ピチピチをしたコーディネートが好まれる傾向だが、デニム生地は伸縮性はないが耐久性にはすぐれているため、長く履き続けるのであれば、ワンサイズ大きいサイズのゆったりとしたデニムを購入したほうがいいだろう。

大きいサイズのデニムは楽。

私は大きいサイズのデニムばかり履きます。
ボーイズタイプのジーンズは、萌え系です!
しかも寒い日は下に、レギンスを履いてそして大きいサイズのデニムをロールアップして、下のレギンスを見せると大きめサイズのジーンズなのに、すっきりとまとまって見えます。
もちろん、大きめだから出来る事だし、それに暖かい!そして可愛い!
なので言う事なしなのです。

そして何よりもいいのは、お腹いっぱい食べてもきつくならない事です。
これが女子にとっては一番重要な事なんではないでしょうか?
そして、冬だと大きいサイズのデニムの上はタートルネック、その上に上着を羽織るととってもおしゃれに見えます。
少し、ダメージが入っている方が大きめのデニムには合います。

なので、買うときは少しダメージが加工されている物を選ぶといいですよ。
上着も、ピーコートなどを選ぶとトラッド系に。レースのふんだんに使われたブラウスにすると、ガーリーな感じになります。
夏だと、少し変わったデザインのキャミソールの上に、透けるタイプのブラウスなんかもいいですね。
もちろん、パーカーもいいです。

パーカーにする場合は、ビビットな色にすると全体的に引き締まります。
靴は、冬はデニムの下に隠れる物の方がすっきりとして見えます。
夏はサンダルや、ミュールなんかとっても合いますよ!
着回しがきくので是非一枚はどうぞ!

人気を集める大きいサイズのデニム

デニムは多くの人々に愛されてきたと思いますが、近年では比較的大きなサイズのデニムもニーズが高くなってきています。そのようなタイプのデニムを販売する店も増加してきており、より多くの人にデニムを利用してもらえるようになってきつつあるのではないでしょうか。

かつては都市部を中心として幅広い人気を集めてきた傾向にあると考えられていますが、近年になってその人気は地方へと広がりを見せ、全国的に大きめのサイズのデニムが人気を獲得するようになってきています。このようにして、幅広い地域への人気が広がる傾向は今後も更に継続して見られると予想されており、クローズアップされることが十分に予想されると思います。

積極的な大きいサイズのデニムの流通も強く期待されており、より多くの店舗での取り扱いが望まれています。今後もニーズが高くなることが考えられるため、幅広いジャンルの店舗での流通がなされるようになると期待されています。また、デニム自体のデザインも多様化する傾向が強くなってきており、そのような新たな動きもデニムの人気の拡大へとつながっていくのではないでしょうか。大きめのサイズのデニムに関連したトレンドの変化についても今後は継続的に注目し、新たな販路の拡大へとつなげる努力も一層求められるのではないかと思います。

普通サイズより難しいぽっちゃりサイズ

一昔前に比べ、大きいサイズの服を売っているお店はずいぶんと増えてきました。お洒落な大きいサイズ専門のブランドもでてきたくらいです。
ところが、大きいサイズと一口に言っても、サイズを大きくしてほしい部分というのは、人それぞれだと思います。
極端な話、胸部が分厚くて、Tシャツなら3Lで問題ないが、ブラウスやYシャツなどの前ボタンのものを同じ3Lで着ると、生地が引っ張られてボタンとボタンの間に隙間ができて下着が見えてしまう・・・ということもあります。

トップスならまだいいのですが、問題はパンツなどです。特にデニムは、生地が分厚くて、形も色々とあり、選ぶのには苦労します。
店舗に訪れて、試着を繰り返してやっと、自分に合うデニムを見つけられることも多いです。もちろん、店舗によっては自分に合う物が見つからないこともあります。こと、通販で買う時にはかなりの注意が必要で、以前に買って問題なかったショップか、あるいは確実に返品・交換ができるところでないと、買ったはいいけれど、入らなくて箪笥の肥やしになってしまいます。
最近では、デニムでもストレッチ素材のものがたくさんあるので、多少のサイズ違いは対応できるものが増えました。
ただ、1つ残念なことがあるのです。それは、大きいサイズのデニムパンツは、裾までがばがばの物が多いこと。
全体を大きくするあまり、裾まで広がってしまって、ものすごく足さばきが悪くなることがあるのです。まるでパンタロンを履いているようです。
最近では、大きいサイズをメインで取り扱っているネットショップなどで、ショップオリジナルのデニムパンツを売っているところもあります。そういうところでは、裾がほどよく狭まっていて、やぼったい印象を払拭してくれています。

今後も、そういうお店が増えてくれると嬉しいですね。

大きいサイズのデニム探しにおすすめなクレット

私は、30代前半ですが、体格が大きいです。
一般的な洋服店にあるズボンは、履くことができません。
最近はSサイズとMサイズしか置いていないお店もあって、驚いています。もちろんSやMで入るわけもなく、XLでも入るのがあるかどうか、といった感じです。
そんな私がいつもデニムを買うお店は、GAPです。
昔はLサイズなどのデニムも履いていたのですが、太ってしまい、なかなか良いデニムを買えずにいて、困っていました。そこでやっと見つけたのがclette(クレット)でした。
クレットだと、大きいサイズもありますし、よいデザインのものが多くあります。
また、ウエストのサイズに合わせてズボンを買うと、太もも部分が太いデザインのものがあったりすることが多いのですが、cletteのスリムストレートなどのデザインのものだと、非常にフィットして良いです。

私のように、ウエストが大きいものの、太ももはそんなに太くない女性は意外に多いのではないかと思います。
きっとデニムやズボンを選ぶのに苦労する人が多いのではないでしょうか。
そんな方は一度cletteでデニムやズボンを履いてみてほしいです。いろいろなデニムの形がありますから、全部試して一番良いものを選ぶことをおすすめします。
またクレットは、セール時は非常に安くなることが多いので、バーゲン時期にサイトへ行ってみるのもいいかもしれません。

近ごろ増えてきた大きいサイズ専門店

近頃、ショッピングモールなどでお手軽に買える大きいサイズの洋服専門店が増えてきましたね。
ぽっちゃり系女子にとってはそんなお店には足を向けて眠れないほどありがたいもの。
普通の服は可愛いのに…ということも少なくなってきて、可愛いTシャツやカットソー、チュニックやデニム、そして下着まで!
今回は特に、デニムについてお話ししたいと思います。

色味も様々、勿論サイズもLL~4Lくらいまでの取り揃えがあります。
好みにもよるでしょうが、自分の大きさよりも1サイズ大きいものを買うと、精神的余裕が生まれます。
痩せたら買い直し…ではなく、現状キープをめざすわけです。
身体のラインがぴったり出るのがあまり好きではないので、1サイズ上くらいだとベルトを締めれば特に問題なしなので、こればっかりです。
ロールアップすれば、足首が出てちょっと可愛くなりますしね。
ダイエットに成功して、もしデニムが要らなくなったら…
そうなったら、解体して鞄にできるサービスがあるそうです。
勿論お金はかかってしまいますが、新しいものを買いなおすよりもなんとなく苦難を乗り越えた分愛着が…。
他にもゆるっとしたチュニックでしたら、ぴったりしたデニムのほうが、メリハリがついていいかもしれませんね。
また、色についてですが、濃いものを選べばやせて見える…は、そうらしいのですが、洋服に合わなければ何の意味もありません。
是非、お手持ちの洋服に合う色を選んであげてくださいね。

痩せやO脚の悩みに太めのデニムを

ここ近年、スキニーなど細身のデニムが流行していますが、太めのデニムの良さも見直してほしいと思っています。
私はもともとコンプレックスを抱いているほど体格が細いので、細いパンツを履くと本当に貧相な体つきに見られてしまいます。ですが、ひとたびあるファッションが流行すると、お店はそればかり置くようになりますね。シルエットが太いデニムがなかなか見つからずに苦労しています。
それに、合わないサイズだとやっぱりお尻まわりのダブつきが目立ち格好悪いです。
そこで、私はこのところ、男性サイズのオーバーオールデニムを着用しています。細い体にダボッと履くと、かわいいと褒められます。吊る形なので、お尻がダブついていても気になりません。裾はお店でカットしてもらい、さらにロールアップして履いています。
過去に、こんなダボダボしたオーバーオールが流行ったこともあったと思います。流行遅れな感じにも見られるかもしれませんが、ほどよく個性的なファッションだと周囲には好評です。
本音を言うと、大きいサイズというわけではなくてシルエットが太いデニムをもっと売ってほしいというところです。流行は移り変わるものなので、待っていればそのうちにそんなデニムがお店に並ぶ日が来るのでしょうか。
そういえば私の父は、O脚を気にしてぴったりとしたデニムは履きません。脚の形を気にする人にも、太めのシルエットのデニムは求められていると思います。